レビトラ個人輸入

医療機関を利用しなくてもネット通販でレビトラは購入できます。

個人輸入

レビトラの個人輸入にはコミニュケーションの壁がある

医師の処方レビトラを個人輸入で購入したことにより後悔する方もいます。
レビトラを購入するためには医師に処方してもらうか外国の販売サイトで個人輸入するしかありません。
日本ではレビトラを通販で販売することは禁止されているため日本のサイトでは購入できないのです。そのかわり海外のサイトから個人輸で購入できます。
海外の外国語しか掲載されていないサイトで購入するのはリスクがあるため多くの方は日本人が仲介をしている個人輸入代行サイトで購入します。
代行サイトは日本語表記であるためまるで日本のサイトで購入しているかのように簡単に買えるのです。
しかし代行を使ってもトラブルになる事は有ります。偽者のレビトラを送り付けられることもあるからです。
もし偽物をつかまされたら仲介している業者にクレームをつければいいのではと思うかもしれませんが、あくまでも仲介業者は代行しているだけで文句があるなら海外のサイトの方に言うように言われます。
決して代行業者は責任を取ってくれません。
自分で海外のサイトにクレームをつけようと思ってもコミニュケーションの壁があるためなかなか苦情が言えないのです。
騙されたと言っても大体数万円以内の話ですので多くの方は面倒臭さからクレームをつけることを諦めます。
このようなことにならないためにも個人輸入の時には慎重になってください。
どれくらい前から代行をしているのかや口コミでの評価も調べましょう、それでも不安に思うなら病院で処方してもらうのが確実です。
ネットで購入する限り全て本物ではなく偽物のリスクはあると思ってください。ましてや相手は海外ですのでスムーズに返品もできませんし全てを分かった上で購入するのがいいでしょう。