レビトラ個人輸入

医療機関を利用しなくてもネット通販でレビトラは購入できます。

個人輸入

レビトラの副作用であるのぼせと生活習慣病について

レビトラの副作用として多いのはほてり、頭痛、のぼせなどです。
バイアグラと同様に副作用を感じる方が多く、利用者の9割程度は何らかの副作用を感じています。
これは個人輸入のレビトラやジェネリックも同様です。
副作用に関しては感じるのが普通であり、体調不良などが原因ではありません。
シアリスは副作用を感じない方が多いですが、レビトラやバイアグラはほとんどの方が感じています。

個人輸入のレビトラを服用する場合は、用量に注意しなくてはいけません。
国内の用量は5mg、10mg、20mgの3種類であり、主に取り扱いしているのは10mgと20mgの2種類です。
5mgについてはほとんど流通しておらず、入手するのは難しい状態です。
副作用が気になる方は、用量を少なくして飲んでみるのもいいでしょう。
普段20mg錠を飲んでいる方なら、10mg錠に変えてみるのも手です。
20mgを購入して錠剤カッターで10mg2回分に割って服用するのもいいです。
価格は10mgも20mgも大きく変わらないため、20mgを分割して飲んだほうがはるかにお得です。
用量を減らせば効果は弱くなりますが、副作用も軽減されます。

少ない用量で効果を発揮させるには、生活習慣病の解消も必要となります。
生活習慣病が重複している状態は、EDのリスクが非常に高いのです。
メタボは複数の生活習慣病を併発している状態であり、心筋梗塞や脳梗塞のリスクが非常に高くなります。
生活習慣病が併発すると、単体で発症する場合の数十倍も血管疾患のリスクを高めてしまうのです。
生活習慣の乱れを解消していけば、レビトラ10mgでも十分な効果を得ることが可能です。
ED治療薬の用量を減らすことはコスト削減だけでなく、健康的なメリットも得られるのです。